平成30年 安全大会開催

平成30年10月23日(火)に新宿区内の四ツ谷区民ホールにおいて安全大会を開催しました。 新宿監督署の本間署長から、安全大会に寄せるメッセージ「安全神話をつくってはならない」との力強い来賓のご挨拶を頂きました。 このほか、「切れこすれ災害を防ぐ技術」の上映、フルハーネスについての解説、建設業労働災害防止大会での論文発表報告に加えて、ブラック川柳及び改善事例の優秀作に対しての表彰などを行いました。 開会の挨拶をする石野会長 ■来賓挨拶 新宿労働基準監督署長 本間裕之様 安全大会に寄せたメッセージ 「安全神話」をつくってはならない 安全に携わる者にとって、忘れることができない事故、7年前の東日本大震災に関連して起きた「福島第一原発」の事故を思い返していただきたいと思います。あの原発事故が起きたあと、そこでは、安全に対する基本的な考え方や安全の理念について、誰もが改めて問い直す機会となっていました。当時、繰り返し話題となっていたことを私からの安全大会のメッセージとしてお伝えしたいと思います。 それは、「安全神話をつくってはならない」ということです。 「安全神話」とは何か。「安全神話」とは「あらゆる安全対策は完璧であり、事故など起きるはずがない。絶対に安全だという信頼感」を指しています。しかし、「神話」という言葉が示すとおり、その意味するところには言外に「根拠のない思い込みである。錯覚にすぎない。」という含みがあります。つまり、確実な証拠や十分な根拠がないにもかかわらず、無条件に、絶対に安全だと信じきることが「安全神話」となるわけです。 これとは反対に、「リスクアセスメント」という考え

お問合せは
 
全国低層住宅労務安全協議会 事務局
 
東京都墨田区江東橋2-14-7 錦糸町サンライズビル5F
 
TEL : 03-5638-1051             FAX : 03-5638-1052
全国低層住宅労務安全協議会