『令和3年 合同安全パトロール報告会について』

令和3年6月25日(金)に、全国低層住宅労務安全協議会の会議室にて、WEB会議システムの「Teams」を利用したウェビナー形式による「合同安全パトロール報告会』を安全パトロール部会主催で実施しました。

 先ず、当部会所属の会員(スウェーデンハウス、住友不動産、住友林業、積水ハウス、大東建託、日本住宅、三井ホーム)に7社が、予め自社の安全パトロールを行った結果を所定書式(「安全パトロール報告写真(報告書)」)による発表を行い、「Teams」を利用してLIVE配信を行いました。  従来の合同安全パトロールは、当日他社の現場で安全パトロールを行った報告を会場で行っておりましたが、先般の新型コロナ感染症拡大により、3密を考慮した形式で実施しました。  また最後に、スウェーデンハウスの現場と会議室をウェアラブルカメラ(セーフィー㈱社製)で中継し、その状況を「TEAMS」を利用してライブ配信を行いました。  事前に準備をされた報告書に沿った形で始めての報告会でしたが、所定の書式を各社が使用して発表する事で点検項目が均一され、いつもの報告会に比べて分かりやすかったとの意見もありました。

また、ウェアラブルカメラ利用した安全パトロールについては、LIVE中継を行った事で安全パトロールのDX化の将来に期待が持てるとの感想も頂きました。初めて尽くしの報告会の為、様々なトラブルも御座いましたが、各社工夫した安全対策が実施された現場の発表を行った事で、情報交換が例年とは違う形で出来た事が一番の収穫でした。更に反省点等を今後の合同安全パトロール報告会へ活かす様、検討を進めて行きたいと思います。


今年度の第2回合同安全パトロール報告会は11月26日(金)開催を予定しています。


閲覧数:172回

最新記事

すべて表示